北海道

  • 北海道石狩市

    北海道石狩市ホッカイドウイシカリシ

    札幌市の北側に隣接し、管内で唯一、海岸線を有しています。江戸時代初期にサケの交易で賑わい、近年は「石狩湾新港」を中心に道央圏の物流・エネルギー拠点として発展を続けています。
    雄大な自然景観と豊かな農林水産資源に恵まれ、北海道の郷土料理として有名な「石狩鍋」発祥の地です。

  • 北海道雨竜町

    北海道雨竜町ホッカイドウウリュウチョウ

    本町は、明治22年華族組合農場による開拓以来、厳しい自然と闘いながら、幾多の困難を克服し、今日の雨竜町の基礎を築きました。
    基幹産業である稲作農業においては、全量一等米出荷を10年以上継続し、北海道クリーン農業推進協議会の「YES!clean(イエスクリーン)認証」を取得するなど、本州米に引けをとらない、高品質で良食味の「うりゅう米」を安定生産しています。

  • 北海道恵庭市

    北海道恵庭市ホッカイドウエニワシ

    北海道恵庭市は札幌市や新千歳空港に近く、市域の西側にある支笏洞爺国立公園の一角に位置する恵庭渓谷は、その豊かな自然と四季折々の彩りをみせる人気の観光スポット。

    花づくりが盛んで、個人の庭を開放したオープンガーデンに全国各地からたくさんの方が見学に訪れています。

  • 北海道長万部町

    北海道長万部町ホッカイドウオシャマンベチョウ

    長万部町(おしゃまんべちょう)は、渡島半島内浦湾の最深部に位置し、大部分が山地ですが、平地に沿って伸び、北海道内では比較的雪の少ない温暖な気候です。
    古くから道南と道央を結ぶ交通の要衝として重要な地点となっております。

    長万部を代表とする「かにめし」を始め、帆立の養殖、ホッキ漁、毛がに、鮭等、各漁期には新鮮で美味しい味覚を味わうことができます。

  • 北海道倶知安町

    北海道倶知安町ホッカイドウクッチャンチョウ

    倶知安町は、富士山に似た姿から蝦夷富士とも呼ばれる「羊蹄山」とニセコアンヌプリを主峰とするニセコ連峰に囲まれ、清流尻別川が流れる自然豊かな町です。
    夏は尻別川でのラフティング、羊蹄山麓でのサイクリングなどアウトドアスポーツ人気が高く、長期滞在者も増えています。冬は世界各国から多くのスキーヤーやスノーボーダーが、上質なパウダースノーを楽しみに訪れます。魅力満載の「くっちゃん」へぜひお越しください。

  • 北海道猿払村

    北海道猿払村ホッカイドウサルフツムラ

    日本最北の村「さるふつ」
    猿払村は、人口2,700人余りのオホーツク海を望む宗谷北部に位置する『日本最北の村』です。
    総面積は590km平米と北海道で一番広い村であり、そのうち山林や原野が約8割を占め、大小の沼や湿地帯が点在し、河川には日本最大の淡水魚「イトウ」が生息するなど、手つかずの自然たくさんの村です。

  • 北海道弟子屈町

    北海道弟子屈町ホッカイドウテシカガチョウ

    弟子屈町は、北海道の東部にあって釧路川の最上流部に位置しています。
    南は標茶町を経て、釧路湿原に隣接していますが、他は高く険しい山並みに囲まれています。
    冬季は最低気温-30℃と、冷え込みが激しい地域です。

  • 北海道洞爺湖町

    北海道洞爺湖町ホッカイドウトウヤコチョウ

    湖(洞爺湖)、山(有珠山)、海(噴火湾)に囲まれた自然豊かなまち。交通の便もよく、観光景観に恵まれていることから、北海道有数の観光地となっています。
    そして、火山が作り出した雄大な景観と、その特徴を巧みに生かして収穫された農産物や海産物は、世界でもここにしかない「大地(ジオ)の恵み」です。

  • 北海道仁木町

    北海道仁木町ホッカイドウニキチョウ

    仁木町は北海道の冷涼な空気ときれいな水に恵まれ、四季の変化に富み、昼と夜の寒暖の差が大きいことから甘みが豊かな果物を生産できる、北海道でも有数の地域として知られています。初夏のイチゴから始まり、夏のさくらんぼ、秋にはぶどうなど、一年を通して様々な果物を楽しむことができます。野菜はトマトの生産が盛んで、ゆめぴりか、ななつぼしなどの北海道米の代表的な品種も栽培しています。

  • 北海道ニセコ町

    北海道ニセコ町ホッカイドウニセコチョウ

    ニセコ町はニセコエリアの象徴である羊蹄山を始め、美しい自然景観に恵まれています。

    夏は登山・カヌー・ラフティングなどの自然を肌で感じられるアウトドアスポーツ、冬は世界に誇る雪質を体感できるウインタースポーツ、バラエティー豊かな泉質をの温泉、上質で豊富な種類の農作物。景観も秀峰羊蹄山を始め、ダイナミックかつ四季折々で違った景色を楽しむことができ、1年を通して豊かな自然を感じることができます。

  • 北海道別海町

    北海道別海町ホッカイドウベツカイチョウ

    別海町は北海道の東部に位置し、東京23区の2倍以上にもなる広大な面積と、ラムサール条約湿地に登録されている「野付半島」や「風蓮湖」など豊かな自然環境を有する酪農と漁業のまちです。

  • 北海道紋別市

    北海道紋別市ホッカイドウモンベツシ

    オホーツク海沿岸のほぼ中央に位置する、水産業を中心とした港町。
    「紋別市」と言えば何と言っても「流氷」です。沿岸を真っ白に埋めつくす雄大な景色は圧巻で、流氷砕氷船「ガリンコ号」と共に北海道遺産に登録されています。
    オホーツク海の流氷が運んできた栄養たっぷりのプランクトンの恵みを受けて育まれた、毛ガニ・ズワイ・タラバの三大ガニ、ホタテなどの豊富な魚介類をご堪能ください。

  • 北海道羅臼町

    北海道羅臼町ホッカイドウラウスチョウ

    世界自然遺産指定の知床半島の南側にある自然豊かな海の町。
    アイヌ語で「地の果て」を意味するシリエトクが語源といわれる知床半島の厳しくも豊かな自然と共生しながら、漁業を中心とした水産業の町です。
    一年を通して様々な動物に出会える地域で、洋上でのクジラ・イルカ・バードウォッチングや、スキューバダイビング、日本百名山にも選ばれた羅臼岳登山や周遊トレッキングなど、海から山までアクティビティが豊富です。

  • 北海道稚内市

    北海道稚内市ホッカイドウワッカナイシ

    稚内は日本のてっぺんに位置し、北の宗谷海峡を中心に東はオホーツク海、西は日本海、そして…宗谷岬からわずか43km先に、ロシアのサハリンを望む国境のまちです。夏は平均20℃前後と冷涼な気候なので避暑地には最適ですし、冬はマイナス5℃前後と最北の地でありながら、あまり寒くはありません。お越しの際には、是非ゆっくり稚内の味覚・気候・自然などをご堪能ください。