福岡県

  • 福岡県うきは市

    福岡県うきは市フクオカケンウキハシ

    はじめまして、うきは市です。
    うきは市は福岡県の南東部に位置し、大分県との県境にあります。 市の南部には屏風を広げるように東西に連なる耳納連山、 山の麓には果樹園が広がり、 北部には雄大に流れる筑後川など、自然環境に恵まれたまちです。 また、平坦部には江戸時代、豊後街道の宿場町として賑わい、 農産物で財を成した豪商たちによって作られた白壁の街並みが軒を連ね、 情緒あふれる風景が今も残ります。

佐賀県

  • 佐賀県吉野ヶ里町

    佐賀県吉野ヶ里町サガケンヨシノガリチョウ

    【歴史と自然にあふれ、源を活かすまち吉野ヶ里町】
    佐賀県吉野ヶ里町は、人口約16,500人の小さな町です。しかし、日本を代表する遺跡「吉野ヶ里遺跡」や、栄西禅師が日本で初めてお茶栽培を始めた霊仙寺の「茶樹栽培発祥の地」など、歴史と自然を活かしたまちです。特産品であるお米をはじめとした農産物。また、交通アクセスの良さを活かした企業誘致により多くの企業から魅力あふれる返礼品をご用意しております。

長崎県

  • 長崎県島原市

    長崎県島原市ナガサキケンシマバラシ

    長崎県の南東部島原半島の東端にある、温暖な気候で水と緑に恵まれた島原市。
    徳川時代、松平七万石の城下町として栄えた名残で、現在も島原城を囲むお堀と点在する武家屋敷が古き面影を漂わせています。
    西には「眉山」、その奥には1990年に噴火した雲仙普賢岳の溶岩ドーム「平成新山」、東には「有明海」を望む風光明媚な城下町です。
    歴史的遺産、火山や温泉、湧水群がある観光都市であり、県下有数の食の宝庫です。

熊本県

  • 熊本県山都町

    熊本県山都町クマモトケンヤマトチョウ

    「山都町」は、歴史的につながりの深い上益城郡矢部町、同郡清和村、阿蘇郡蘇陽町が合併し平成17年2月11日に新しい町として誕生しました。 豊かな自然環境に恵まれた山都町は、田舎だからこそ育まれた、互いに敬い、助け合い、共に生きるという素晴らしい精神文化が根付いています。 山都町は、この精神文化を町の活力と考え、強い意志と未来への希望を持って、町の特性や地域の宝を活かしたまちづくりに取り組んでいます。

宮崎県

  • 宮崎県川南町

    宮崎県川南町ミヤザキケンカワミナミチョウ

    「日本の食の供給地」かわみなみ町
    和牛のオリンピック3連続内閣総理大臣賞受賞の牛、多くのブランドを擁する豚、日本有数のシェアを誇る鶏。
    他にも野菜や果物は、全国各地から集まった移住者により、昔から先進的な技術を取り入れ、美味しい特産物を作っています。
    すべての食材が光り輝くまち川南。「日本の食の供給地」としてこれからも皆様の食卓を彩ります。

  • 宮崎県美郷町

    宮崎県美郷町ミヤザキケンミサトチョウ

    小丸川、耳川、五十鈴川…3本の美しい川が流れ、歴史を重ね、文化をはぐくみ、個性的な素顔を見せてくれる、豊かな自然からの恵みあふれる“見る”さと美郷町(みさとちょう)です。
    美郷町には、3地区に1つずつ有名な祭りがあります。
    師走まつり(南郷地区)、御田祭(西郷地区)、宇納間地蔵尊大祭(北郷地区)は、美郷三大祭として開催され、伝統が今も受け継がれています。

  • 宮崎県都城市

    宮崎県都城市ミヤザキケンミヤコノジョウシ

    都城市は、肉用牛、豚、鶏の合計畜産産出額が日本一を誇る畜産のまちです。
    当市の牛、豚、鶏は、雄大な霧島連山の自然に囲まれた大地で生まれ、清らかな水、良質な飼料、農家の温かい愛情が注がれ、大切に育てられています。

鹿児島県

  • 鹿児島県大崎町

    鹿児島県大崎町カゴシマケンオオサキチョウ

    大崎町は鹿児島県東部、大隅半島の中央、志布志湾に面した人口13,000人ほどの自治体です。主な産業は畜産、農業、水産業など一次産業が中心です。大崎町では埋立処分場の延命化を目的とし、ごみの分別リサイクルを開始。3品目の分別から始まったリサイクルの取り組みは、現在27品目まで拡大し、それに伴い埋立ごみの量も減少。現在は、ごみの82.6%を再資源化、資源リサイクル率日本一を13回達成しています。

  • 鹿児島県長島町

    鹿児島県長島町カゴシマケンナガシマチョウ

    長島町は年間を通じて四季折々の花が咲き、カラフルな景色が楽しめる鹿児島最北端の島です。
     当町は鹿児島と熊本の県境にある、長島本島・伊唐島・諸浦島・獅子島の4つの有人島のほか、大小23の島々から構成されております。

  • 鹿児島県東串良町

    鹿児島県東串良町カゴシマケンヒガシクシラチョウ

    【町のシンボル 町花「ルーピン」】
    毎年3月中旬から4月上旬頃に開花を迎え、東岸に太平洋を臨む柏原海岸沿線およそ1kmにわたり黄色い花畑が広がります。古くは緑肥として育てられていたルーピンの花言葉は「いつも幸せ」。

    自生している区域もありますが、町や地域の人々によって播種され、育てられている花畑は町の自慢。

    太平洋前に広がる黄色いじゅうたんを一目見ようと県内外から観光客が訪れます。

沖縄県

  • 沖縄県うるま市

    沖縄県うるま市オキナワケンウルマシ

    うるま市は、沖縄本島中部に位置し、世界文化遺産の勝連城跡、風光明媚な海中道路とその先の島しょ地域で、毎年島の風景と一体となったアートフェスなどが行われるなど、多くの観光客が訪れます。また、旧暦のお盆に行われる、伝統芸能のエイサーは、地域で特徴ある踊りが繰り広げられ多くのエイサーファンを魅了しています。

  • 沖縄県北中城村

    沖縄県北中城村オキナワケンキタナカグスクソン

    北中城村は、沖縄本島の中部域にあって、那覇市の北東、約16kmの地点にある。東は、中城湾に面し、南は中城村、宜野湾市、北は沖縄市、西は北谷町に隣接し、緑に恵まれた風光明媚な自然、優れた伝統文化、貴重な歴史的資源が残され、県内でも有数の魅力ある地域となっています。また、2005年市区町村別生命表で、女性の平均寿命が89.0歳で最も長く、安心・安全で住み良い村であります。

  • 沖縄県金武町

    沖縄県金武町オキナワケンキンチョウ

    金武町(きんちょう)は沖縄本島のほぼ中央に位置し、北東に宜野座村、南西にうるま市、北西は恩納岳連山をはさんで恩納村と隣接し、南東は太平洋に面しています。気候は一年を通して温暖で、恩納岳連山に生い茂る樹木が冬の季節風をさえぎるため、亜熱帯気候の沖縄の中でも特に安定した地域です。

  • 沖縄県南風原町

    沖縄県南風原町オキナワケンハエバルチョウ

    南風原町(はえばるちょう)は沖縄本島南部のほぼ中央に位置し、県都那覇市に隣接しています。周りを6つの市町に囲まれ、県内では唯一の海に面していない町です。県内41市町村で4番目に小さな町です。 畜産を中心とした農業、織物などの生産が村の発展の原動力となり、近年は那覇市に隣接する地の利を得て、工業や企業の進出により着実に発展を続けております。

  • 沖縄県八重瀬町

    沖縄県八重瀬町オキナワケンヤエセチョウ

    八重瀬町(やえせちょう)は県都那覇市に近接し、那覇空港から車で20分とアクセスしやすい位置にあります。八重瀬岳、具志頭海岸に代表される豊かな自然や新人化石骨で国際的にも貴重な「港川人」、勤労の喜びを謡った「汗水節」他、獅子舞、綱引き、棒術、エイサー、港川ハーレーなどの行事が伝統として受け継がれており、町の誇りになっています。

  • 沖縄県読谷村

    沖縄県読谷村オキナワケンヨミタンソン

    読谷村は、沖縄本島の中部、西海岸に位置し、東シナ海にカギ状に突き出た半島で人口4万人余りの日本一人口の多い村です。
    東には、緑濃い山並み、西は東シナ海に面し、南は「比謝川」を境とし、北は景勝の地「残波岬」に囲まれた、美しい自然と豊かな伝統文化に育まれたところです。