ふるさと納税はじめてガイド

ふるさと納税とは

「納税」という言葉がついていますが、実際には各自治体への「寄付」のことです。
あなたが応援したい自治体に寄付を行うと、そのお礼に地域の名産品などをいただくことができる、大変素敵な仕組みです。
税金の控除手続きを行うことで、実質自己負担額は2,000円のみになります。
寄付を通じて、その自治体の魅力を経験・体験してみてください。

動画でわかるふるさと納税 らくちんくんとやってみよう!

※この動画には音声が流れますのでご注意ください。

※この動画には音声が流れますのでご注意ください。

ふるさと納税3つの特徴

  • 寄付を通じて
    地域を応援できる

    生まれ故郷だけでなく、
    応援したい自治体を選んで
    寄付できます。

  • 返礼品がもらえる

    自治体の魅力が詰まった返礼品。
    自治体を体験できる
    「コト返礼品」もあります。

  • 税額控除が受けられる

    控除上限額内であれば自己負担額は
    2,000円だけ。ワンストップ特例制度
    を利用すると効率的に手続きが
    行えます。

jre point

さらにJRE MALLふるさと納税では、寄付額に応じて
JRE POINTを貯めることも、寄付にJRE POINTを使うこともできます。

ふるさと納税はらくらく3ステップ

  • 1.控除上限額を調べる
  • 2.返礼品を選んで寄付をする
  • 3.税金控除の手続きをする

STEP01 控除上限額を調べる

ふるさと納税においては、年収(所得)や家族構成等によって、税金が控除される金額の上限(控除上限額)が変わります。
控除上限額までの寄付であれば自己負担は2,000円だけです。
まずは控除額シミュレーションを行い、自己負担額2,000円に収まる控除上限額の目安を計算してみましょう。

STEP02 返礼品を選んで寄付をする

JRE MALLふるさと納税ではいろいろな方法で返礼品を探すことができます。

  • ランキングで探す
  • 地域で探す
  • カテゴリで探す
  • 特集で探す

STEP03 税金控除の手続きをする

控除を受ける方法は「確定申告」と「ワンストップ特例制度」の2種類があります。
「ワンストップ特例制度」は、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除が受けられる便利な仕組みです。
※1月1日〜12月31日までの1年間が対象

確定申告

ふるさと納税を行った年の確定申告を行う必要があります。自治体から送付される「寄付金受領証明書」が必要になるので、大切に保管しておきましょう。

以下の条件の人は確定申告

  • ・ふるさと納税による年間の寄付先が6自治体以上
  • ・ふるさと納税以外で確定申告が必要

確定申告の詳しい説明は国税庁HPをご確認ください。

ワンストップ特例

「ワンストップ特例申請書」に記入の上、必要書類とまとめて自治体に送付するだけで手続きが完了します。

以下の条件の人はワンストップ特例

  • ・ふるさと納税による年間の寄付先が5自治体以内
  • ・ふるさと納税以外で確定申告が不要な給与所得者

「ワンストップ特例申請書」はこちらからダウンロード可能です。

申請用紙はこちら

ワンストップ特例制度の詳しい説明は総務省HPをご確認ください。

ふるさと納税について詳しく知りたい方へ