茨城県

  • 茨城県潮来市

    茨城県潮来市イバラキケンイタコシ

    潮来市は、茨城県の南部、千葉県との県境に位置し、高速バスで東京駅八重洲南口から約70分でアクセスが可能です。三方を湖沼や河川に囲まれた水郷地帯となっている自然豊かなまちです。
    初夏の訪れを告げる「水郷潮来あやめまつり」は、毎年5月下旬から6月下旬に開催され、多くの観光客で賑わいます。
    水郷の情緒を感じに、ぜひ潮来市へお越しください。

  • 茨城県牛久市

    茨城県牛久市イバラキケンウシクシ

    東京・品川から常磐線で約50分の牛久市は、成田、茨城空港への
    アクセスも良好で、田園や里山が広がる豊かな自然環境と、
    ショッピングモールや住宅街が並ぶ充実した都市機能を
    併せ持つことが特徴で、住み心地の良い街として広く知られています。

    また、7月の最終土日に開催される「うしくかっぱ祭」など
    休日を過ごすのにぴったりな、季節ごとのイベントがたくさんあります。

  • 茨城県大洗町

    茨城県大洗町イバラキケンオオアライマチ

    〜季節ごとに旬の食材を味わえる観光・保養の地〜 大洗町は、茨城県の太平洋側のほぼ中心にあり、首都東京からは約100kmの距離に位置しています。穏やかな気候に恵まれた観光・保養の地であり、日本三大民謡のひとつ「磯節」でも謳われる白砂青松の景勝地です。

  • 茨城県笠間市

    茨城県笠間市イバラキケンカサマシ

    笠間市は、茨城県のほぼ中央、首都圏から100キロ圏内に位置しています。
    古くから、日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷神社の門前町として栄えてきました。
    笠間焼の産地としても知られ、窯元やギャラリーが点在しており、多くの人が訪れます。周囲を八溝山系・筑波山系の山々に囲まれた台地が広がり、年間を通して穏やかな気候に恵まれた豊かな自然からは、数々の歴史・文化・芸術・おいしい農産物が生まれています。

  • 茨城県鹿嶋市

    茨城県鹿嶋市イバラキケンカシマシ

    茨城県の南東部・鹿行地区に位置する鹿嶋市は、悠久の歴史をもつ鹿島神宮、J1リーグ鹿島アントラーズがあるまちとして知られています。西を北浦、東を太平洋に挟まれ、水産資源に恵まれていることはもちろん、里山風景が広がる場所もあり、緑にも恵まれ、豊富な農産物のあるまちでもあります。

  • 茨城県境町

    茨城県境町イバラキケンサカイマチ

    「自然と近未来が体験できるまち」〜そうだ!境町に行ってみよう!〜
    境町(さかいまち)は茨城県の県西部、ちょうど千葉県と埼玉県の県境にある町です。利根川と江戸川の分岐点に位置し、江戸時代には水運を活かした利根川随一の【河岸のまち】として、人や文物が行き交う文化交流の場として栄えました。

  • 茨城県常総市

    茨城県常総市イバラキケンジョウソウシ

    常総市は,首都近郊にありながら,水と緑に囲まれ,希少な動植物が生息する美しいまちです。
    また,関東鉄道常総線やつくばエクスプレス,近年では首都圏中央連絡自動車道常総ICの開設により,交通アクセスが向上しています。将来都市像「みんなでつくる しあわせのまち じょうそう」の実現のため,これからも前進してまいります。

  • 茨城県大子町

    茨城県大子町イバラキケンダイゴマチ

    大子町では本町出身で町外にお住まいの方や,本町を訪れたことがある方など,大子町を心のふるさととして応援していただける方からの寄附をお待ちしております。現在,町は,「若い世代への投資」「地場産業の未来を応援」「大子町の魅力向上」「高齢者や障がい者にとって安心安全の町づくり」を町づくりの念頭にしております。人口減少のもたらす諸問題を乗り越え,21世紀に対応した新しい町づくりに努めてまいります。

  • 茨城県筑西市

    茨城県筑西市イバラキケンチクセイシ

    筑西市は、下館市・関城町・明野町・協和町の1市3町が合併して誕生しました。
    東京から北へ約70km、茨城県の西部に位置し、鬼怒川・小貝川などが南北に流れる肥沃な田園地帯です。
    特に農業が盛んで、米、梨、こだますいか、イチゴ、常陸そばなど、全国の消費者から高い評価を受けています。
    また筑波山ベストビューポイント「母子島遊水地」では、年に2回、山頂から朝日が昇る「ダブルダイヤモンド筑波」を楽しめます。

  • 茨城県つくばみらい市

    茨城県つくばみらい市イバラキケンツクバミライシ

    平成18年3月27日に旧伊奈町、旧谷和原村が合併し「つくばみらい市」が誕生。市内には首都圏内で唯一、時代劇のロケが出来る施設である「ワープステーション江戸」をはじめ、関東三大不動尊である「板橋不動尊」や茨城百景に名を連ねる「福岡堰の桜並木」、さらに間宮海峡を発見した偉大な探検家・測量家である「間宮林蔵」の生家や記念館など、多くの観光名所があります。ぜひ魅力あふれる当市まで実際に足をお運びください。

  • 茨城県土浦市

    茨城県土浦市イバラキケンツチウラシ

    土浦市は、東に我が国第二の広さを誇る霞ヶ浦、西に万葉の世から名峰と謳われた筑波山を望む、水と緑に恵まれた歴史と伝統のある茨城県南部の中核都市として発展してきました。
     現在は、日本三大花火大会の一つであり、花火師が日本一をかけて腕を競う「土浦全国花火競技大会」や国内屈指の市民マラソン「かすみがうらマラソン兼国際ブラインドマラソン」など、特色のあるイベントも多数開催され、多くの人で賑わいます。

  • 茨城県行方市

    茨城県行方市イバラキケンナメガタシ

    本市は、茨城県の東南部に位置し、北浦と霞ヶ浦という2つの大きな湖に面し、湖岸の一部が水郷国定公園に指定されるなど、美しい自然景観を有しています。また、中央部は関東ロームから成り、その肥沃な大地と湖からは、たくさんの恵みや魅力ある価値が生み出されています。これからも豊かな自然環境や歴史・文化を生かし、時代の流れに柔軟に対応できる持続可能なまちづくりを進めていきます。

  • 茨城県常陸大宮市

    茨城県常陸大宮市イバラキケンヒタチオオミヤシ

    〜豊かな山林と清流に囲まれた山紫水明の地〜
    常陸大宮市(ひたちおおみやし)は、茨城県北西部に位置し、市内には、アユや鮭が遡上する2つの清流「久慈川・那珂川」が流れます。
    どこか懐かしい里山風景の広がるまちには、肥沃な大地と豊かな水がもたらす食材や国内外に誇る工芸品の数々が息づいています。
    人と人が寄り添い、古き良き伝統文化を守り、ともに未来へとつなぐまちです。

  • 茨城県日立市

    茨城県日立市イバラキケンヒタチシ

    日立市は徳川光圀公が朝日の立ち昇る美しさを称えたことに、名前の由来があるとされています。
    太平洋から昇り阿武隈山系の山々に沈む太陽は、日々様々な表情を見せてくれます。
    この画は、日立市出身の世界的建築家・妹島和世氏のデザイン監修のもとに設計された日立駅舎内から、午前5時に水平線を展望する様子。
    世界の最も美しい駅舎の一つとして高く評価されています。

  • 茨城県ひたちなか市

    茨城県ひたちなか市イバラキケンヒタチナカシ

    茨城県ひたちなか市は,地域に愛されるまちのシンボル「ひたちなか海浜鉄道」を擁する,茨城県の中央部に位置するまちです。
    ネモフィラやコキアをはじめ四季折々の花景色を楽しめる「国営ひたち海浜公園」や、新鮮な海の幸を満喫できる「那珂湊おさかな市場」,日本屈指の生産量を誇るヘルシースイーツ「ほしいも」など,多くの自然やグルメに溢れています。
    「ひとが咲くまち。ひたちなか」の魅力を,ぜひご堪能ください。

  • 茨城県水戸市

    茨城県水戸市イバラキケンミトシ

     水戸市は、東京から約100kmの距離にあり、関東平野の北東端に位置する茨城県の県庁所在市です。
     市街のほぼ中央に位置する偕楽園公園は、日本三名園の一つ偕楽園と、千波湖及びその周辺の緑地からなる300haの公園で、まちなかにいながら身近に自然を感じることができます。また、偕楽園とともに日本遺産に認定された日本最大規模の藩校である弘道館が所在しています。

  • 茨城県守谷市

    茨城県守谷市イバラキケンモリヤシ

    守谷市は、茨城県の南端に位置し、利根川、鬼怒川、小貝川の三つの清流に囲まれた水と緑に恵まれたまちです。また、首都から40キロメートル圏内という立地条件から、宅地開発とともに公園や街路、上下水道など都市基盤の整備が進んでいます。
    これからも守谷市は、さらなる住みよさを目指し、都市機能の充実と自然環境の調和のとれたまちづくりを積極的に進めてまいります。

  • 茨城県結城市

    茨城県結城市イバラキケンユウキシ

    結城市は関東平野のほぼ中央、茨城県と栃木県の県境に位置しています。鎌倉時代より結城家の城下町として栄え、今も神社仏閣や蔵づくりの建物が多く残されています。最近では古民家を改装したおしゃれなカフェやパン屋さんも増えてきています。日本最古の絹織物である「結城紬」の産地としても知られ、その技術はユネスコの無形文化遺産にも登録されました。

栃木県

  • 栃木県宇都宮市

    栃木県宇都宮市トチギケンウツノミヤシ

    宇都宮市は栃木県のほぼ中央に位置し,東北新幹線や東北自動車道などの交通網の結節点であり,古くから門前町,城下町として栄え,栃木県の政治・経済の中心都市として発展してきました。ふるさと宇都宮応援寄附事業(ふるさと納税)を活用して,宇都宮のまちづくりを応援してくださる全国の皆様からの寄附を募集しています。


  • 栃木県大田原市

    栃木県大田原市トチギケンオオタワラシ

    大田原市は栃木県北東部に位置し、西部には清流・那珂川と箒川に囲まれた那須野が原の扇状地が広がり、東部には八溝山系の美しい山並みが連なります。清流、肥沃な土地、自然環境に恵まれ米、ネギ、ウド、アスパラガス、トマト、ナシ、イチゴなどの農業や、肉牛などの畜産がさかんです。また、雲巖寺や大雄寺などの古刹、国宝・那須国造碑や侍塚古墳などの歴史的遺産や文化財を有する、由緒ある伝統と文化の薫るまちでもあります。

  • 栃木県さくら市

    栃木県さくら市トチギケンサクラシ

    さくら市は栃木県の中央に位置し、県都宇都宮に隣接し利便性と自然環境が調和した市です。
    市の名前の由来となっている「桜」の名所が数多くあり、春には市内の至る所で桜が楽しめます。
    栃木県の中央の辺りに位置し、鬼怒川が流れる栃木の山々を見渡せる自然豊かな場所です。
    湧き出る温泉は、日本三大美肌の湯。素晴らしい景色に囲まれて入る温泉は心も体も美しくなれます。
    ふるさと納税で美しい桜の郷を創ってみませんか。

  • 栃木県那須町

    栃木県那須町トチギケンナスマチ

    那須町は、昭和天皇がこよなく愛され、天皇皇后両陛下、上皇上皇后両陛下が御静養の場として行幸される那須御用邸のあるまちです。ロイヤルリゾート那須として広く知られており、壮麗な那須連山の麓に、歴史ある那須温泉郷をはじめ、豊かな自然と調和したレジャー施設やリゾートホテル、別荘地など充実した観光資源とともに、お客様を迎えております。

群馬県

  • 群馬県安中市

    群馬県安中市グンマケンアンナカシ

    安中市は、群馬県の西部に位置し、人口約5万8千人の西毛地区の中核都市です。妙義山や碓氷峠そして榛名山などの山々に囲まれ、市内を碓氷川、九十九川の清流が潤し、里山の風景を残す自然豊かなまちです。北陸新幹線安中榛名駅と上信越自動車道の2つのインターチェンジなどを利用すると都心から1時間半余りとなり、関東のみならず関西方面からもアクセスしやすくなっております。

  • 群馬県下仁田町

    群馬県下仁田町グンマケンシモニタマチ

    2014年には「富岡製糸場と絹産業遺産群」の構成資産である「荒船風穴」が世界文化遺産に登録されました。また、下仁田ねぎとこんにゃくは、名産品として広く知られています。特に下仁田ねぎは、加熱すると甘味が増しとろけるような食感が特徴で、町を代表するブランドとなっています。

  • 群馬県千代田町

    群馬県千代田町グンマケンチヨダマチ

    千代田町(ちよだまち)は、東西に細長く平坦で、群馬県東南の利根川沿いに位置する人口約11,000人(令和3年8月末時点)の町です。

    「鶴舞う形の群馬県」と称される群馬県の首の部分にあたり、東京から約60km圏内と群馬県の中では東京までの距離が最も近い地域です。

    利根川では水上スポーツを楽しめる他、全国でも珍しい「道路(県道)」であるにもかかわらず船で川を渡る「赤岩渡船」が名物です。

  • 群馬県嬬恋村

    群馬県嬬恋村グンマケンツマゴイムラ

    嬬恋村(つまごいむら)は、浅間山や白根山など標高2,000m級の山々に囲まれ、その雄大な自然の恩恵をいつでも感じることができる高原の村です。夏の平均気温が15〜20℃と冷涼で、昼夜の寒暖差が大きいため、甘くみずみずしい野菜が育ちます。中でも夏秋キャベツの出荷量は日本一です。

  • 群馬県富岡市

    群馬県富岡市グンマケントミオカシ

    富岡市は群馬県南西部に位置し、人口約5万人の、豊かな自然と歴史、伝統のあるまちです。平成26年に世界遺産に登録された富岡製糸場をはじめ、日本三大奇勝の一つである妙義山がそびえ、四季折々一年を通して楽しんでいただけます。ぜひ富岡市に足を運んでいただき、富岡市の魅力をご体感ください。

  • 群馬県沼田市

    群馬県沼田市グンマケンヌマタシ

    天空の城下町 真田の里
    沼田
    群馬県の北部に位置し、赤城山や武尊山など日本百名山に挙げられる山々に囲まれています。
    市街地は利根川とその支流の片品川、薄根川により形成された日本有数の河岸団段丘上に広がっています。
    神が開いた伝説の「老神温泉」や白沢高原温泉、日本の滝百選にも選ばれた「吹割の滝」、四季折々の自然が楽しめる「玉原高原」などの豊かな自然が魅力です。

  • 群馬県東吾妻町

    群馬県東吾妻町グンマケンヒガシアガツママチ

    東吾妻町は群馬県北西部に位置し、箱島湧水などの清流が流れ込む吾妻川が東西に流れ、岩櫃山や浅間隠山、榛名山など大小の山々が点在する緑と渓谷そして水が美しい自然豊かなまちです。国指定重要文化財「ハート形土偶」、国指定名勝「吾妻峡」や国指定史跡「岩櫃城跡」など、歴史ロマンが薫るまちでもあります。また、「誰も知らない忍者の里」として真田氏ゆかりの忍者が活躍し、群馬県で唯一日本忍者協議会に加盟しています。

埼玉県

  • 埼玉県入間市

    埼玉県入間市サイタマケンイルマシ

    入間市は、日本三大銘茶の一つに数えられる「狭山茶」の主産地として知られ、関東以北最大規模といわれる広大な茶園の広がる景観や、加治丘陵、狭山丘陵の二つの丘陵、入間川、霞川、不老川などの変化に富んだ自然環境にも恵まれ、市内のあちこちで四季折々の表情を楽しむことができます。おだやかなやすらぎの場と活気あふれる活動がバランスよく調和するまちです。

  • 埼玉県川越市

    埼玉県川越市サイタマケンカワゴエシ

    2022年に市制施行100周年という大きな節目を迎える川越市。都心から約30km圏内にありながら、農業や商工業が盛んで、緑豊かな自然もあります。まちの中心部にはシンボルである時の鐘や蔵造りの町並みが残り古き良き城下町の歴史を感じることができるほか、ユネスコ無形文化遺産に登録された川越まつりなど魅力ある歴史的・文化的遺産が数多く残っています。

  • 埼玉県北本市

    埼玉県北本市サイタマケンキタモトシ

    武蔵野の雑木林などの魅力ある豊かな自然を残す北本市は、首都圏から45キロメートル内という立地条件でありながら、美しい里山や雑木林が住宅街と隣り合う環境があります。2021年に市制50周年を迎える北本市でこうした緑の豊かさや暮らしやすさを「&green(アンドグリーン)」というコンセプトに込め、様々な事業を展開しながら、市の魅力を市内外にアピールするとともに、市への愛着心醸成を目指しています。

  • 埼玉県さいたま市

    埼玉県さいたま市サイタマケンサイタマシ

     埼玉県の南東に位置するさいたま市は、平成13年5月に浦和・大宮・与野の3市合併により誕生し、平成15年4月1日に全国で13番目の政令指定都市へと移行しました。平成17年4月1日には岩槻市と合併して現在に至っています。

     さいたま市は、暮らしに便利なまちとしてのイメージが強く、住みやすい、住み続けたいという評価が市民から集まっております。

  • 埼玉県飯能市

    埼玉県飯能市サイタマケンハンノウシ

    飯能市は都心から約50km圏内に位置し、交通アクセスも良好ながら市域の76%は森林が占めています。平成17年には「森林文化都市」を宣言し、自然と都市機能が調和した、暮らしやすい都市を目指したまちづくりに取り組んでいます。
    遊びも暮らしも生き生きとした魅力あふれる『水と緑の交流拠点 森林文化都市 はんのう』が更に、活気あふれるまちになるよう皆様のご寄附で応援してください。

  • 埼玉県本庄市

    埼玉県本庄市サイタマケンホンジョウシ

    本庄市は、埼玉県西北部に位置し、上越新幹線本庄早稲田駅、JR高崎線やJR八高線、また関越自動車道本庄児玉ICなど、豊富な交通網を有する人口約78,000人の街です。

    明治時代には養蚕業で発展し、現在も市内には当時の面影を残す建物が残っています。

    また、利根川が流れる水と緑に囲まれた環境で育まれた本庄市の野菜や花は、全国各地へ届けられています。

  • 埼玉県三芳町

    埼玉県三芳町サイタマケンミヨシマチ

    三芳町は、埼玉県の南西部に位置する、人口約38千人のまちです。
    都心に近い立地ながら、平地林などの豊かな自然が残り、農業が盛んです。関越自動車道の三芳スマートICがあり、都市圏との物流、製造の拠点でもあります。
    また、江戸時代から続く伝統農法「武蔵野の落ち葉堆肥農法」や様々な伝統芸能など、歴史と文化の香りが感じられます。

  • 埼玉県嵐山町

    埼玉県嵐山町サイタマケンランザンマチ

    嵐山町(らんざんまち)は、埼玉県のほぼ中央に位置し、都心より60km圏にあります。比企丘陵の中枢部を占めており、山あり渓谷あり、平地ありと変化に富んだ自然の宝庫で、国蝶オオムラサキが生息する地としても有名です。
    歴史的には、木曽義仲や畠山重忠など、平安末期から鎌倉時代にかけて日本史に名をとどめた坂東武者ゆかりの地でもあります。

千葉県

  • 千葉県いすみ市

    千葉県いすみ市チバケンイスミシ

    いすみ市は首都圏から75km圏内の千葉県南東部に位置する温暖な気候と肥沃な耕地に恵まれ、四季折々の農作物が豊かに実る田園都市です。
    近くの砂浜には毎年アカウミガメが産卵に訪れ、里山にはコウノトリ、コハクチョウも舞い降りる、自然が豊かなまちです。

  • 千葉県市原市

    千葉県市原市チバケンイチハラシ

    市原市は、千葉県、房総半島の中央に位置し、県内最大の面積368.17平方キロメートルを持つ、大きなまちです。
    国内最大級の石油化学コンビナート、豊かな田園風景や里山、日本一のコース数を誇るゴルフ場群、約77万年前の地質年代「チバニアン」の痕跡を示す「地磁気逆転地層」、市を南北に縦断するローカル線「小湊鐵道」など、多彩な地域資源を有しています。

  • 千葉県勝浦市

    千葉県勝浦市チバケンカツウラシ

    千葉県を代表する漁業のまち、勝浦は、勝浦沖を交差する暖流と寒流の影響を受けて多様な水産資源に恵まれており、アワビ、イセエビ、サザエの一大生産地として有名です。
    また、カツオは全国有数の水揚げを誇っており、勝浦沖で漁獲されるキンメダイは「外房つりきんめ鯛」として千葉ブランド水産物の認定を受けています。
    海のイメージが強い勝浦ですが、実は農業も盛んで稲作を中心に多彩な「農」の暮らしも展開されています

  • 千葉県九十九里町

    千葉県九十九里町チバケンクジュウクリマチ

    九十九里町は九十九里浜のほぼ中央に位置し、豊かな自然や関東随一の温暖な気候であることから、四季を通じて多くの観光客で賑わっております。
    九十九里浜を楽しんでいただくのはもちろん、様々な体験ができる観光施設があります。
    豊かな地域資源を活かして、まちの魅力を伝える体験型観光に力を入れています。

  • 千葉県千葉市

    千葉県千葉市チバケンチバシ

    千葉市は「訪れたい」「住みたい」「住み続けたい」と思えるような魅力にあふれた街です。海や緑豊かな自然に恵まれ、東京にも近くて便利な都市です。千葉ロッテマリーンズ、ジェフユナイテッド千葉と、プロ野球とJリーグクラブの両方が存在する数少ない都市であり、ほかにもプロバスケットボールチームの千葉ジェッツなど、さまざまなスポーツの試合が開催されるスポーツ都市でもあります。

  • 千葉県長生村

    千葉県長生村チバケンチョウセイムラ

    長生村は、千葉県の房総半島九十九里浜に面し、東京から約60キロの距離にあり、昭和28年11月3日に八積村、高根村、一松村の3カ村が合併して誕生しました。現在の村域は、東西7.4キロ、南北6.0キロで、面積は28.25平方キロ。太平洋の黒潮による影響を受けて、年間を通して温暖な気候です。

  • 千葉県富津市

    千葉県富津市チバケンフッツシ

    都心に近い、海のまち、山のまち 五感で楽しむ「ふっつ」

    富津市は、東京湾の玄関口に位置し、40kmに及ぶ壮大な自然海岸、田園地帯、里山に囲まれた自然豊かなまちです。
    漁業が盛んで、金谷港で水揚げされる脂がのった「黄金アジ」や極上の品質を誇る江戸前の「海苔」をはじめとした海産物やその加工品が自慢です。

  • 千葉県船橋市

    千葉県船橋市チバケンフナバシシ

    船橋市は、千葉県の北西部に位置し、都心や成田空港から近いばかりでなく、京葉港や鉄道9路線35駅等の豊かな交通網を併せ持つなど、非常に恵まれた立地条件を備えたまちです。
    かつては、成田山に参拝する佐倉街道の宿場町として栄え、昭和12年4月1日に2町3村(船橋町、葛飾町、八栄村、法典村、塚田村)が合併して、「船橋市」が誕生しました。
    現在、中核市最大の人口64万人を擁する都市に発展しています。

  • 千葉県四街道市

    千葉県四街道市チバケンヨツカイドウシ

    市の立地

    四街道市(よつかいどうし)は、千葉県の北部に位置する市。明治時代には軍都として栄え、古くから交通の要衝として現在の千葉市、船橋市、成田市、東金市方面へ東西南北4方向の街道が交わることから四ツ街道(現在の四街道)という名が付いた歴史をもつ。

神奈川県

  • 神奈川県伊勢原市

    神奈川県伊勢原市カナガワケンイセハラシ

    伊勢原市は、総面積 55.56 平方キロメートルのうち山林原野が約 1/3 を占め、その恵まれた自然環境と温暖な気候から、県内はもとより広く関東一円の人々の憩いの地となっています。
    「大山」を頂点として、東部には豊かな平野部が広がり、鈴川、善波川、日向川、歌川といった清流が大地を潤しています。

  • 神奈川県海老名市

    神奈川県海老名市カナガワケンエビナシ

    海老名市は、神奈川県のほぼ中央に位置し、都市・自然・歴史と文化の調和を背景に、活力と安らぎのあるまちです。海老名駅は、鉄道3路線が乗り入れ、都心へ約45分、横浜へ約30分と首都圏へのアクセスが楽々。県央地区のベッドタウンとして注目を集めています。また、東名高速道路・圏央道に乗り入れできる海老名ICがあり、東名の「海老名サービスエリア」は、上下線合わせて日本トップの集客数を誇る県内唯一のSAです。

  • 神奈川県小田原市

    神奈川県小田原市カナガワケンオダワラシ

    小田原市の西部は箱根連山につながる山地、東部は曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯で、市の中央には酒匂川が南北に流れて足柄平野を形成し、南部は相模湾に面しています。
    一年を通して気候は温暖で、夏は東京より涼しく、冬は東京より暖かいので、雪が降ることはめったにありません。
    黒潮の影響を受けた温暖な気候と適度な雨量が、生活の快適さだけでなく、梅やみかんをはじめとした多くの農産物の成長を支えています。

  • 神奈川県逗子市

    神奈川県逗子市カナガワケンズシシ

    遠浅で穏やかな逗子海岸の魅力は海水浴シーズンにとどまりません。
    澄んだ空気の中で江の島や富士山を望みながら、スタンドアップパドルやシーカヤック、砂浜でのビーチヨガなど、初めての方でも気軽にお楽しみいただけるチケットをご用意しております。
    逗子にお越しにならなくても逗子の魅力を十分に感じていただけるお礼の品も多数ご用意しております。

  • 神奈川県茅ヶ崎市

    神奈川県茅ヶ崎市カナガワケンチガサキシ

    茅ヶ崎市は、温暖な気候と、コンパクトな街の中に開放的な海、緑豊かな里山といった自然に恵まれています。のんびりとしている一方、サーフィンをはじめとするマリンスポーツも盛んで、個性的なお店やおしゃれなカフェも多く活気もあります。住む方々の気質はオープンで、人と人との温かなつながりを肌で感じられます。

  • 神奈川県横須賀市

    神奈川県横須賀市カナガワケンヨコスカシ

    横須賀市には、半島特有の海と緑や東京湾唯一の自然島・猿島などの自然、鎌倉時代の三浦一族や開国期を彩った歴史と文化の資産があり、多くの外国人の居住による国際的雰囲気と市民レベルで広がる国際交流、世界に誇る横須賀芸術劇場や先端的な研究開発機関の集積など、国際性豊かな感性あふれる文化都市です。