つくり手の想いをつなぐ お取り寄せきっぷ
ご注文からお届けまで10日前後掛かります
内藤とうがらしを色と香りで味わっていただける七味です。

【内藤とうがらし】<地域団体商標>shichimi(詰め替え2袋、ペンタイプ1個) 送料込


※環境により、ご覧になれない場合がございます。ご了承ください。

内藤とうがらしの特徴である風味と辛さのバランスをいかし、国産原料のみにて調合しています。
おそば、おうどんやお味噌汁などにふりかけてお召し上がりください。
ペン型で簡単に持ち歩くことができるので、My七味としてお出かけ先で使用することができます。

  

内藤とうがらしとは??
江戸時代、今の新宿の中心地は「内藤新宿」と呼ばれ宿場街でした。
宿場には武蔵野、多摩地域から江戸に持ち込む野菜、燃料など多くの物産が集まり交流が盛んでした。
内藤新宿地域の農家も古来からこの地域で作られていた在来の唐辛子を宿場に出荷、江戸の街に流通していました。
当時江戸では蕎麦がブームでその薬味として唐辛子の需要があり内藤新宿地域の農家はこぞって唐辛子を栽培しました。
いつしか内藤新宿の唐辛子は「内藤とうがらし」と呼ばれ一大生産地として地域の繁栄を構築したそうです。

=============================================================

【内藤とうがらし】について


江戸時代新宿周辺で盛んに作られていた在来の唐辛子。江戸の蕎麦人気で薬味として重宝されていた内藤新宿のブランド商品でした。明治以降新宿は都市化が進み唐辛子の生産は減少しました。2013年江戸東京野菜に登録され復活後、江戸時代に描かれた「内藤とうがらし」の絵をもとに実成り、大きさ、形、色合いを常に保つため厳密な生産ルールを徹底。販売、加工も含めてブランド維持に努めています。味の特徴は、辛さはマイルドであと残りが少ないことです。旨味成分が豊富で辛味、旨味のバランスが整った味、香りが楽しめ、料理人から好評の唐辛子です。


江戸時代、新宿一帯でつくられていた在来種の「内藤とうがらし」。蕎麦ブームにあいまって人気となり、新宿はとうがらしの一大生産地に。明治にはいり、新宿は都市化とともに、農地がなくなり、西部へ移動し、内藤とうがらしは新宿からなくなりました。2008年新宿の歴史、伝統文化を調査。2010年新宿発祥の伝統野菜「内藤とうがらし」を現代に復活。地域の伝統文化を現代へ引き継ぎ守っていこうと地域のみなさん(商店街、学校、飲食店など)と普及活動を広めています。小さな<農>を身近に、豊かな生き方の追求を目ざし、家庭で内藤とうがらしを栽培し、料理、調味料づくりなど伝統野菜、その文化を身近で楽しんでいます。内藤とうがらしの特徴である香り、風味、バランスのいい辛さをフルに活用し、おいしい料理を楽しんでください。

by「とうがらし女子」新宿内藤とうがらしプロジェクト×学習院女子大学 国際文化交流学部

=============================================================

3,200円(税込)
お気に入りに追加
商品名 : 【内藤とうがらし】<地域団体商標>shichimi(詰め替え2袋、ペンタイプ1個) 送料込
商品コード : S002-C013490
価格 :
販売価格:
3,200円(税込)
獲得JRE POINT:
29 ポイント
支払方法 : 代金引換、銀行決済(ペイジー)、クレジットカード、コンビニ決済、Suicaネット決済

商品詳細

ご注文からお届けまで10日前後掛かります
【セット内容・内容量(約)】内藤とうがらしshichimi詰め替え2袋、ペンタイプ1個
【賞味期限】製造日より6ヶ月
【配送温度帯】常温便 
【加工地】東京都

商品ご注文に関する注意事項

■離島の場合、ショップガイドに表示されている地域以外でもお届けできない場合があります。
■ギフト包装・のしは承っておりません。ご了承ください。
■出荷日時:ご注文から10日前後でお届けいたします。
※ご注文が集中した場合など、お届けに10日以上かかる場合がございます。
3,200円(税込)
お気に入りに追加
JRE POINTを使ってお得にお買い物。
ポイント払いでもポイントが貯まる!

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。

レビューを評価するにはログインが必要です。

【内藤とうがらし】<地域団体商標>shichimi(詰め替え2袋、ペンタイプ1個) 送料込

3,200円(税込) 獲得JRE POINT: 29 ポイント

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています