山形県最上町とは

最上町は、山形県の北東部に位置し、秋田県、宮城県に隣接する農林業と観光の町です。町域中央部には小国盆地が開けているものの、大部分は奥羽山脈に属する山岳・丘陵地帯で、最北端には標高1,365mの神室山、最南端には1,075mの扇山がそびえています。気候的には寒冷多雨で、夏季には東風が吹き抜け、冬季は多雪。四方が山々によってさえぎられているため、かつては“小国”と呼ばれ、一つの独立圏を形成してきました

主な返礼品

【無洗米】 はえぬき1s×あきたこまち1s 2種食べ比べ
[山形県最上町]
3,000円(ふるさと納税)
【季節限定】最上町特産グリーンアスパラ1kg
[山形県最上町]
7,000円(ふるさと納税)
つや姫10kg(5s×2袋)
[山形県最上町]
13,000円(ふるさと納税)
【無洗米】最上町産 ホタル米雪若丸5kg×1袋
[山形県最上町]
6,000円(ふるさと納税)
【令和4年産米予約】岩魚米はえぬき20s(10s×2袋)
[山形県最上町]
16,000円(ふるさと納税)
つや姫5kg・雪若丸5s・はえぬき5s3種食べ比べセット(各5kg×1袋ずつ)
[山形県最上町]
17,000円(ふるさと納税)

ふるさと納税の使い道

  • @こどもたちの教育振興や子育てにやさしいまちづくり事業

    @こどもたちの教育振興や子育てにやさしいまちづくり事業

    誰もが安心してこどもを産み育てることができ、こどもたちが夢と希望を持って心豊かに健やかな成長ができるよう、赤ちゃんに絵本をプレゼントする「ブックスタート事業」や「3歳児以上の保育料無償化」、小学校児童を対象とした「放課後児童クラブ」の開設を行なっています。未満児を含む保育利用者の増加に対応し、待機児童ゼロの子育てにやさしいまちづくりに取り組んでいます。

  • A健康と福祉を支える「ウエルネスタウン構想」のまちづくり事業

    A健康と福祉を支える「ウエルネスタウン構想」のまちづくり事業

    健康寿命延伸による生涯現役社会の実現をめざし、100歳体操などの健康づくりをすすめるため、健康ポイント事業を実施しています。

  • B地域産業の振興と交流人口の拡大を目指したまちづくり事業

    B地域産業の振興と交流人口の拡大を目指したまちづくり事業

    次代を担う活力ある若手農業者の育成や農林業、芸術文化を組み合わせた観光資源の磨き上げによる交流人口の拡大に取り組んでいます。

  • C循環型社会に向けた環境にやさしいまちづくり事業

    C循環型社会に向けた環境にやさしいまちづくり事業

    豊富な森林資源や地域特性を生かした再生可能エネルギーの普及と省エネにより、循環型社会づくりを地域住民・企業と協働で取り組んでいます。

  • D古くから伝わる芸術文化の継承をめざしたまちづくり事業

    D古くから伝わる芸術文化の継承をめざしたまちづくり事業

    本町の各地域には、古くから伝わる伝統文化が存在し、それは世代間の交流を通じて受け継がれてきています。そして、そのことが地域への愛着と誇りを育んでいます。このような環境を持続・継続させるため、伝統文化の担い手の育成が必要であり、芸術文化活動への支援や、子どもたちに受け継がれる郷土の文化や歴史の継承に取り組んでいます。

お問い合わせ先

返礼品や発送等については以下の連絡先までお問い合わせください。

対応窓口 最上町ふるさと納税受付窓口
電話番号 TEL 0233-25-8371
メールアドレス furusato-mogami@sepia.plala.or.jp
URL https://mogami.tv/
備考 受付時間 【平日】9:00〜17:00